ビールはエール&ラガーの違いを知るだけで、グッと面白くなるんだぜ!

シェアしていただくと、ビックリするぐらい喜びます

こんにちは!ビール大好き..ジェイです!

ビール記事が多くなってきた、ここらで「ビールの種類」なんぞの記事を書いておきたいと思います。

ビールの種類は3種類

まずビールには「上面発酵」「下面発酵」「自然発酵」と「3種類」あります。

その中でよく耳にするのが「上面発酵」「下面発酵」。これは発酵方法でそう呼ばれています。ただ..これを聞いてもいまいちピン!ときていないと思われるので、

「上面発酵」=「ラガー」

「下面発酵」=「エール」

とすると、どうかな??

愛犬キース
ラガー?エール?なんか聞いたことあるーー!!
ジェイ
だろ?ww

エールとラガーの違い

さらに表にするとこんな感じ。

エール(上面発酵) ラガー(下面発酵)
ぺールエール
ヴァイツェン
IPA
スタウト
ポーター

ピルスナー
メルツェン
デュンケル
シュバルツ
ボック

エール、ラガーが大カテゴリーで、その下にあるのが小カテゴリーといった感じ。2タイプあるものの、エール(上面発酵)の方が歴史は古く、イギリスなどはこちらが主流。ラガー(下面発酵)は日本はもちろん、アジア系はほぼ..こっちになるね^^

愛犬キース
ラガーはピルスナーしか耳馴染みがないっす
ジェイ
大半はピルスナーだからねぇ〜

エールはチビチビ、ラガーはグビグビ

ラガー(下面発酵)タイプはいつも飲んでいる日本のビールを想像するとわかりやすいように、キーンと冷やして、グビグビいけちゃって喉ごしがうんぬんというタイプ。一方、エール(上面発酵)は飲み方は常温、チビチビじっくり味わうタイプ。

近年、日本でもクラフトビールが流行っていますよね。あれはエール(上面発酵)。「よなよなエール」なんかはエール(上面発酵)。キリン、アサヒなんかの大手ビールメーカーはラガー(下面発酵)、スーパードライとかね。

クラフトビールはエール(上面発酵)

そもそも、クラフトビールのクラフトは「手作りビール」「職人技のビール」という意味を持っていて、小規模なビール醸造所(マイクロブルワリー)は、ほぼこの「エール(上面発酵)」で生産されています。

一方、下面発酵は低温で発酵するため雑菌が繁殖しにくいので、一定の品質でビールを生産でき、安くて品質の良いビールを提供できるので、大手ビールメーカーの得意技といったところです。

ただ、近年のクラフトブームに乗っかるように大手ビールメーカーもエール(上面発酵)での新製品を出してきており、ますます日本のビール市場も目が離せなくなってきたーー!っす。

まとめ

というわけで、エール(上面発酵)、ラガー(下面発酵)を覚えているだけで、ビールライフが楽しくなるでしょ?

ジェイ
わかった?
愛犬キース
 クラフト”ドックフード”って、ないかな?
ジェイ
ねぇーわ!

▼ビールグラスでもさらに美味しくなるよ!

ビールグラスにもコダワリを持つと、もっとビールライフが楽しくなるよ
こんにちは、ビール大好きジェイです! 前からせかせかと探していたビールグラスでしたが、なかなかこれ!というものが見つけられずに月日だけ...